ロビマガ
robimaga.com
Gadget

【レビュー】HHKBはゲーミングキーボードとして使えるのか?【10年間使ってきました。】

こんにちは、ロビです。

今回は、「 HHKB」をゲーミングキーボードとして使えるのか?を10年間HHKBを使ってきた僕がご紹介しようと思います。

結論、「 ゲームのジャンルによりますが、凄く使いやすい!」です。

僕が過去、現在プレイしているゲームタイトルとジャンルごとに使いやすさと使い方をご紹介します。

ジャンル全体を通してのHHKBの「メリット」

メリット1「コンパクト」

最大のメリットはなんと行ってもコンパクトであることです!
小さいと何が良いかといいますとデスクを広く使えるので、大型マウスパッドが置きやすい、マイクやその他周辺機器が設置しやすいなどのメリットがあります。
とくに、マウス感度を下げてプレイされている方であればマウスの稼働範囲を確保できるHHKBの恩恵は大きいと思います。
また小さいのでキーボードとマウスの間の距離が狭まるので腕を大きく左右に開いてプレイしなくてもいいので長時間遊んでいても疲れにくくなると思います。

メリット2「すごく頑丈」

10年間、仕事にゲームと日に5時間以上毎日使っても全然平気です。
「WASD」や「shiftキー」など常に押しているキーもチャタリングを起こすことはほぼ無く未だに使い続けられているので耐久性は異常なまでに高いです。キースイッチに「静電容量無接点方式」を採用しているので、特定のキーだけ押し心地が変わってしまうなどといった事も起こりませんし、全キーが押下圧45gの等荷重なので頑丈かつ誤入力もなく凄く使いやすいです。

メリット3「CapsLockキーが無い」

CapsLockをゲーム中に押してしまって「 あああぁぁぁぁ!」ってなることはないでしょうか?
僕は、HHKBを買う以前とHHKB以外のキーボードを使っていた頃良くなてっていました。shiftキーと間違えてよく押してしまっていました。
「東プレリアルフォース」と「FILCO青軸」を使っていた頃よくなっていてCapsLockキーを物理的にむしり取っていました。
HHKBでは英語配列・日本語配列ともにshiftキーの上は「Control」になっています。これで誤入力から開放されます!
「キーバインドいりれば良いんじゃない?」っと思ったそこのアナタ そのとおりです!
ですが言わせて欲しいのです。「CapsLockいらねぇ!」とっ 最近のキーボードであればキーバインド可能なものも多いのでこれは凄く「個人的な」メリットかもしれないですが、「うんうん わかるわかる」と思ってくれる人がいると嬉しいです。

FPS・TPS

僕がプレイしていた、プレイしているゲームは以下の作品です。

FPS
  • バトルフィールドシリーズ
  • クライシスシリーズ
  • フォールアウト4、76
  • ファークライシリーズ
  • コールオブデューティーシリーズ
  • ボーダーランズ2
TPS
  • ゴーストリコンシリーズ
  • ディビジョンシリーズ
  • メタルギア5

他にもありますが、マイナータイトルだったりするのでここでは有名タイトルのみのにしぼりました。

FPS・TPSにHHKB合うのか?

最高に相性が良い!」です。FPSなどは「WASD」に左手を置き、マウスは右手で持ちっぱなしでの操作だと思います。
キーボードで行う操作はゲームによって多少異なると思いますが、「WASD」の位置から指が届く範囲でほぼ操作が完結するのでキー数の少ないHHKBで全く問題ありません。

また、メリット1でもご紹介していますがコンパクトなのでマウス感度が低めな方であれば大きなマウスパットが使いやすいですし、FPSなどはボイスチャットなどをしながらする方も多いと思いますのでマイクやオーディオインターフェースなどといった機材でデスクの上が狭くなってしまってるという人でも置き場に困るといったことはまずないと思います。
さらに、いわゆる「軸系キーボード」より打鍵音が小さいのでマイクの設置位置にもよりますがマイクがキーボードの音を拾うことはめったにありません特に僕が使っている「HHKB Professional HYBRID Type-S」は静音モデルなので普段ボイスチャットをしている仲間から「キーボードの音うるさい」などと言われたことは一度もないです。

アクション・オープンワールド

僕がプレイしていた、プレイしているゲームは以下の作品です。

アクション
  • モンスターハンターワールド・アイスボーン
  • ダークソールシリーズ
  • 隻狼
  • アンセム
オープンワールド
  • グランド・セフト・オートシリーズ
  • レッドデッドリデンプションシリーズ
  • アサシンクリード
  • スカイリム
  • デス・ストランディング
  • ウォッチドッグス1、2
  • ウィッチャーシリーズ

アクション・オープンワールドにHHKBは合うのか?

「相性はいい」です。FPS・TPSで述べた「メリット」がこのジャンルにも当てはまってきます。
ただし、このジャンルではデメリットもありますのでそのデメリットと解決法をご紹介します。

デメリット
アクション・オープンワールドではFPSなどに比べてアイテムスロットやアクションの数が格段に多くF1〜F10やテンキーなどに割り当てて使いことが多く物理的にこれらのキーがないHHKBではデメリットになります。

そこですでに多くの人が使ってるとは思いますが、「ゲーミングマウス」、「多機能マウス」との併用でこれらを解決できます。
そもそも「WASD」の位置から数字キー7以降の数字やF1〜F10のキーは遠すぎてそもそも押せないのでこれらのキーはマウスのサイドキーに割り当ててしまいキャラの移動などの操作にキーボードは集中できるようにしてしまっています。

僕は以下のマウスを使っています。
Logicool「G600t MMO 有線ゲーミングマウス

Razer 「Naga Trinity

MO・MMORPG

僕がプレイしていた、プレイしているゲームは以下の作品です。

MO・MMORPG
  • 黒い砂漠
  • FF14
  • ファンタシースターオンラインシリーズ
  • TERA
  • タワーオブアイオン

MO・MMORPGにHHKBは合うのか?
「どちらかといえば合わない」です。
明確なメリットとデメリットが存在しています。そのどちらも無視できない要素なので詳しくご紹介しようと思います。

メリット
オンラインのRPGの醍醐味といえば「チャット」だと思います。チーム、ギルド、クラン、呼び方はゲームで様々あると思いますがこういった組織に所属していればチャットをするき機会は多いと思います。現在ではDiscordやTeamsspeakなどといったボイスチャットでの交流も増えてきましたがオンラインにおけるコミュニケーションの大半を占めるのはやはり「チャット」ではないでしょうか。
HHKBは本来、プログラマーやライターといったプロが文字入力をするために設計されているので、文字入力であるチャットに関してHHKBの強みが活かせる場面だと思います。
今現在僕はFF14、黒い砂漠をプレイしていますがチャットが好きで狩りなどに行かずフレンドやギルドのメンバーと喋り明かしてゲームを閉じるといったことがよくあります。MO・MMOでチャットが大好きという方はHHKBは凄くおすすめです。

デメリット
アクション・オープンワールドでもお話したとおりHHKBは物理キーがとにかく少なくショートカットキーを駆使して戦うことの多いオンラインRPGでは致命的になる場面も多々あります。F1〜F10、テンキーがないのはもちろん英語配列のHHKBであれば方向キーすら物理的にキーが存在しません。
アイテムやスキルなどといったショートカットはF1〜F10や数字キーに、インベントリや倉庫といったアイテム整理やNPCの商店を利用したりといった場面で方向キーがないのはかなり使いづらいです。
物理的にないだけでFnキーと特定のキーで押せはしますが、オンラインRPGにおいてこれらの操作は遊んでいれば何度も必要になる操作で物理的に複数キーの組み合わせでいちいち押すのはかなりしんどいです。

とはいえそもそもこのジャンルのゲームをキーボード・マウスで遊んでいる方はすでに多機能マウスなどを導入なされていると思います。多機能マウスがあればデメリットの7割はカバー出来ると思います。ですが、オンラインRPGではスクリーンショットを取ったりアイテムの取引の際に数字を頻繁に入力したりとHHKBには物理的にないキーを頻繁に使う機会があると思いので、このジャンルに関してはあまりオススメ出来るキーボードではないと思います。

いかがだったでしょうか?
HHKBをゲーミングキーボードとして紹介している記事があまり見当たらなかったので今回記事にしてみました。
ご参考になれば幸いです。