ロビマガ
robimaga.com
ガンプラ

【ガンプラ】HGUC 閃光のハサウェイ Ξガンダム(クスィーガンダム) 1/144スケール 【工作・塗装編】

こんにちは、ロビです。

前回の記事ではキットの素組までを記事にしました。

今回の記事では、工作と塗装完成までを記事にしていこうと思います。

ヤスリがけ

前回の記事で仮組みまで終えているのでゲート跡のヤスリがけやヒケの処理から始めます。


ゲート跡やヒケなどは画像のヤスリを使って削りました。

かなヤスリと耐水ペーパーを貼った当板でゴリゴリ削ってきました。

最終的に600番まで当てて気にやる箇所は800番までのヤスリで処理しました。

合わせ目消し

ヤスリがけと並行して合わせ目も消していきました。


タミヤさんの流し込み接着剤を使って接着しました。


たっぷりと塗ってはみ出すくらい塗ったところで接着

はみ出した部分を乾燥後に削っていきます。


かなヤスリを当てて平らにした画像です。

合わせ目が出てしまうパーツに同様の作業で合わせ目を消していきます。


合わせ目が出るパーツ

ビームライフルに関してですが合わせ目を中に入れるパーツを塗装後にマスキングしてから挟んで接着しようと思っていたんですが、完全に忘れていて塗装してしまいました・・・・

肉抜き穴を埋める

今回はパテを使ってみたかったので肉抜き穴はエポキシパテで埋めていきます。


タミヤ エポキシ造形 パテ (速硬化タイプ)を使って埋めてみようと思います。



穴に埋めて硬化をまってヤスリがけをしていきました。

手が一番削るのに苦労しましたー

アンテナのシャープ化

頭部のアンテナと胸部のアンテナを尖らせてシャープなデザインにしていきます。

頭部アンテナ


今回は、延長して尖らせるのではなくて先端をとがるようにニッパーで切り取って尖らせることにしました。

もともと長いのに加えて湾曲した形をしてるのでこれ以上長くなると虫の触覚みたいになりそうだったので切って削って形を整えようと思います。


先端をカットしてヤスリで整えて完了です。


取り付けるとこんな感じに

切って多少短くなってはいますが、もともと長いので大丈夫そうですね。

胸部アンテナ


こちらは左右から削り込んで細く鋭くしようと思います。


右側が削り込んでシャープにしたほうです。

頭部のアンテナと違い太くしっかりしているのでヤスリで一気に削れたのですぐいい感じの形になってくれました。

背部バーニアカバー内に放熱フィンを追加

続いて放熱フィンのようなパーツをプラ板を使って自作してみようと思います。


まずはタミヤさんの0.5mmプラ板をフィンの形になるように何枚か切り出します。

さらに、スペースを開けるために1mm幅に0.5mmプラ板を細切りにしたものを切り出しておきます。

この二種類の切り出したプラ板を交互に接着すればフィンが完成します。


直角が出るように当てになるものに押し付けながらデザインした板と1mmに細切りにした板を交互に接着して作っていきます。


完成後ヤスリがけを軽くして整えてバーニアカバーに入れてみました。


このように連続して同じものが整然と並ぶと工業製品感というかメカっぽさがまして個人的にはこういうディテールが大好きです。

肩のディテールアップ

肩のパーツ一番上のみ真っ平らで寂しかったのでプラ板で追加のパーツを作ってみようと思います。


このパーツの上にのるディテールアップパーツを1mmプラ板で自作してみました。

いくつか試作してみたんですがどれも取ってつけた感がすごかったので中にスペースを作ってバーニアカバー内に入れたフィンの小さい番を入れることに



フィンの部分だけはこの時点で接着せず別パーツなので塗り分けてみようと思います。

ここまでの工作を終えて仮組みしてみました。


肩アーマーのディテールアップ


肩アーマーは正面が少しさみしかったのでスジ彫りを追加してみようと思います。


クランクした部分には太さ1mmのスジボリを入れてパーツを埋め込んでみようと思います。


放熱フィンの極小版のようなものを埋め込んでみます。

高さ1.5mm長さ2.5mmで作りました。

こちらも別パーツなので塗り分けてみます。

ここまでで大まかなディテールアップは終了です。

この他にもすでにあるモールドを彫り直したりしています。

下地塗装

今回は下地をサフェーサーではなく塗料で塗っていこうと思います。

ボクは塗装が苦手で特にサフェーサーを均一に塗ることが出来ないので塗料でやってみようと思います。


基本下地には白と黒を混ぜたグレーで塗って行こうと思います。

ガイアノーツ EXホワイト70%
ガイアノーツ EXブラック30%

この二色を混ぜてニュートラルグレーのような色にして下地を塗っていきます。


800番のぺーパーを軽く当てた使い捨てスプーンでテストしました。

テカテカになってくれましたね。

サフだとガサガサになってしまって上手くいかないので今回はこの色で下地を塗っていこうと思います。

メタリック系下地


フレームや武装などにはメタリック系塗料を吹くので下地を黒にしました。
ガイアノーツ EXブラック100%


フレームに塗っていきます。


真っ黒に

赤・黄色系下地塗装

こちらはピンクを作って下地にしていこうと思います。

ガイアノーツ EXホワイト70%
Mr.カラー ハーマンレッド30%

赤や黄色は発色しづらいので赤お混ぜた色で下地塗装してみます。

本塗装

下地塗装後傷が目立つ場所は研磨したて本塗装に挑みます。


ガイアノーツ EXホワイト95%
Mr.カラー ジャーマングレー5%

白をわずかに濁らせて塗っていきます。

真っ白にしてしまうと写真で撮影したときに飛んでしまったり背景が白だと動画してしまうのでわずかにジャーマングレーを混ぜて使っています。


下地がグレーだっただけに差が全くわかりませんね〜

ブルー


ガイアノーツ 電脳戦機バーチャロン カラーシリーズ VO-34 ブライトロイヤルブルー

パッケージや説明書の作例では紺色になってますが、今回は明るめのブルーにしてみようと思います。



鮮やかな青に

バーチャロンカラーはどれもすごくいい色で大好きですね〜

フレーム


ガイアノーツ VO-15 フレームメタリック 2 【電脳戦機バーチャロン カラー】

こちらもバーチャロンカラー本来は1を使いたいんですが売ってなかったので2を使います。



鈍くギラリと光るいい色だと思います。

黄色


バーチャロンカラー ビビッドオレンジ

またまたバーチャロンカラー この黄色が最高に好きです。


うーんいい色!

黄色2


ガイアノーツ EXホワイト10%
ガイアノーツ ビビッドオレンジ60%
Mr.カラー ハーマンレッド30%

かぼちゃのような色味を作りました。

肩や足に付くパーツをこれで塗ります。



わずかに黒を入れても良かったかなと思いますが結構近い色になったんじゃないでしょうか〜

シルバー


フィニッシャーズ クロームシルバー

希釈済みなのでボトルが違うのはお許しを〜



写真を取り忘れてしまったんですが、この後バーニアの内側のみガイアノーツ クリアーブルーを吹いています。

差し色


ガイアノーツ ニュートラルグレー2

白のパーツには一部差し色でグレーが入っているのでマスキングをして塗り分けていきます。




最後パーツが違うものでゴメンナサイ。

仕上げ

本塗装が終わったのでいよいよラストスパートです。

墨入れ


タミヤ スミ入れ塗料 (ブラック)
タミヤ スミ入れ塗料 (ダークグレー)

白いパーツにはダークグレーをつかってその他の場所にはブラックを使いました。

デカール


ハイキューパーツ 1/144 レッド&グレー RB01コーションデカール
ハイキューパーツ 1/144 グレー&オレンジ RB02コーションデカール

この2つを主に使いました。

デカールは魔法のようにキットをかっこよくしてくれますよね〜

トップコート


Mr.カラーGX114 スーーパースムースクリアー つや消し

最後にデカールの保護と表面の統一を兼ねてつや消しクリアを全体に吹き付けていきます。

塗装直後は濡れいていてテカテカなので完成後のキットでご確認ください!

完成









感想

今回は概ねよく出来たかなーと思います。

塗装に関していろいろ挑戦してみた回となります。

まずは下地にサフェーサーを使わずに塗料での下地作りをしてみました。

塗料の食いつきもよくマスキングなどで塗料がハゲたりと行ったことも特になく問題なさそうですね。

サフェーサーを吹いたときの表面のガサガサもなく結構きれいな感じになりました。

完成後はつや消しクリアを吹いているのでマットな表面に仕上がっていますが、つや消しクリアを吹く前はきれいな光沢のある表面でした。

あと、マスキングによる塗り分けも頑張ってみました。

唯一失敗してしまった胸のダクト部分以外はキレイに塗れているかなと思います。

胸のダクトは立体的で複雑な形をしている上に奥行きもあって塗るのが難しかったです。

さらに発色のしづらい黄色をぬったので何度か重ねないと発色せず塗膜が厚くなってしまったのも原因かなと思います。

いつくか失敗したりする部分はあったもののかっこよく出来たかなーと思います。

また完成後も大きいので飾り映えするのでこれは良いキットだと思います!

是非作ってみてほしいキットですよ〜